フランチャイズで独立開業のTOPに戻る
「フランチャイズで独立開業」トップ >  基礎的知識 > 拡大するフランチャイズビジネス

拡大するフランチャイズビジネス


レストラン現在、日本のフランチャイズビジネスは、チェーン数・売上高とも延びており、外食産業や小売業、サービス業など、街には様々なフランチャイズチェーンのお店を目にすることができます。

フランチャイズビジネスが社会において果たす意義は大きくなっており、事業をはじめる人が、事業参入が比較的容易なフランチャイズに参画することで、雇用の拡大にもつながりました。

個人の経営では短期間で客から信用を得ることは難しい事だと思いますが、フランチャイズの場合、事業本部の経営ノウハウを学んだり、ブランド力を利用することにより、短期間で信用を得るのが容易になります。

事業本部の近代的なオンラインシステムなどを利用する事で、少ない資金で効率的にビジネスを行うことでき、また、フランチャイズビジネスが拡大することによって、日本全体の経済の活性化にもつながっていきます。

消費者にとっても、話題性とブランドの信頼性により、購買意欲が拡大し、景気の上昇にもつながります。

今後のフランチャイズビジネスの課題として、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示の実施です。本来、フランチャイザーからフランチャイジーへの経営状況及び契約条件の開示は法律で義務づけられています。

実際には、経営指導を十分に行わない、説明責任を果たさないといったフランチャイザーも存在しており、フランチャイザーの選択時には、フランチャイズ契約の説明をしっかり受け、十分に理解した上で選択するようにしましょう。
フランチャイズチェーンの加盟店になるにはフランチャイズシステムへの理解と同時に、経営知識も必要となるのです。

確かに、フランチャイザーからのサポートが受けられ、経営の経験がない方でも事業を始めることは可能ですが、自分が独立した事業者であるという認識が絶対必要です。フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であるということは、経営の自己責任があるということなのですから。

関連コンテンツ

フランチャイズのシステム

フランチャイズには、日本フランチャイズチェーン協会によって公に定義された、システムがあります。 事・・・

フランチャイズとは?

フランチャイズを辞書で引くと フランチャイズ [franchise]   1.プロ野球やサッカーなどで、球団が本・・・