フランチャイズで独立開業のTOPに戻る
「フランチャイズで独立開業」トップ >  基礎的知識 > フランチャイズのシステム

フランチャイズのシステム


フランチャイズには、日本フランチャイズチェーン協会によって公に定義された、システムがあります。

事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標などの標識および経営のノウハウを用いて、同一のイメージを持った事業を行う権利を与え、その見返りに一定の対価を支払うと言う関係

日本フランチャイズチェーン協会は、上記のようにフランチャイズを定義しています。
つまり、
こちらの提供する様式と全く同じ店舗を出店しても良いし、経営援助もするから、その代わりその店舗で上げた売り上げの一部を支払ってください。

と言うシステムです。

この形態は、共同事業なので、そこに公的な上下関係はなく、本部と支部の上下関係はありません。更に、共同経営でもないので、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はそれぞれ独立したお店であると言う事です。

ここが大きなポイントです。

つまり、フランチャイズは開店に必要な資金を自分で用意する必要があるのです。
開店する為の費用は、業種・店舗規模によって異なりますが、莫大な費用が必要なケースはあまりありません。例えば、最もフランチャイズが盛んなコンビニエンスストアなどは、300万程の資金で開店できるのが一般的です。

これだけの額で一つのお店のオーナーになれるのが、フランチャイズに参加する最大の魅力と言えるでしょう。お店のブランドイメージは確立されているので、店舗の立地などがよほど悪条件でない限り、ある程度の集客も見込める為、比較的楽に経営できると思われます。

関連コンテンツ

フランチャイズとは?

フランチャイズを辞書で引くと フランチャイズ [franchise]   1.プロ野球やサッカーなどで、球団が本・・・

拡大するフランチャイズビジネス

現在、日本のフランチャイズビジネスは、チェーン数・売上高とも延びており、外食産業や小売業、サービス業・・・