フランチャイズで独立開業のTOPに戻る

メリットとデメリット


フランチャイズシステム
  • フランチャイズチェーンを行う事業者(フランチャイザー)と、フランチャイズに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を行う
  • フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、その他の標識の使用を認める。
  • フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導
  • フランチャイジーは対価としてフランチャイザーにロイヤルティなどの契約金を支払う

フランチャイザーにとってのメリット
  • 直営店を開設するよりも少ない資金で店舗数の拡大をする事が可能
  • 優秀な人材を短期間で集めるのが可能
  • 出店に必要な資金を出す必要が無く、事業拡大資金の節約になる
  • 店舗の経営業務を加盟店に任せることができ、時間とコストの削減になる
  • 投下資金も短期間で回収できる

フランチャイジーにとってのメリット
  • 開業が短期間で効率的にできる
  • フランチャイザーのブランド力や経営ノウハウを利用できる
  • 成功できる確率が高くなる
  • 本部のブランド力で競合店との競争力がつき、人材も集まりやすくなる
  • 商品のコストダウンと安定した仕入れが可能
  • 販売促進や商品への付加価値はフランチャイザーが行うので、そのメリットを受けながら経営に専念することができる


フランチャイジーにとってのデメリット
  • ロイヤルティの支払い義務があり、売上のすべてが自分のものではない
  • 本部と同じイメージで事業をする為、独自の工夫を施しにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってきます
  • 本部側の質が良くないと、トラブルを招く事がある
  • 本部への依存度があまりに高いと、トラブルの原因となる


フランチャイジーは、直営店とは違い、本部とは別の事業者として独立した経営体です。フランチャイズ加盟店となっても自営業者ですので、経営能力と主体性は必要です。

フランチャイズ加盟は事業の成功を保障するものではありません
事業者本部も、十分な審査のうえで経営に適した人を加盟させる責任があります。
調べる

フランチャイズ加盟の成功の条件とは、本部がしっかりした経営体制であることが重要です。
経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟しても、十分で適切な指導が受けられなければ経営は破綻しかねません。また、過剰に出店をしているチェーンに加盟すると、同一チェーンで共食いを招くケースがあります。

加盟契約の前に十分な下調べを行い、本部の選択をしっかりと行うことが、成功する上でのとても重要な要素となります。

フランチャイズシステムにはデメリットもありますが、たくさんのメリットがあり、とても合理的な事業システムと言えるでしょう。

関連コンテンツ

フランチャイズビジネスを始めるには

自分のお店を持ちたい!といった夢を持ち、フランチャイズビジネスを始めようと思っている方もおられること・・・

フランチャイズショーについて

毎年日本経済新聞社が主催となって 出展されるのは、フードサービス業、小売業、サービス業などのフランチ・・・

開業資金について

フランチャイズビジネスを始めるにあたって、どんな業種の、どの本部とフランチャイズ契約を結ぶのかは、最・・・

契約書を交わす時の注意点

フランチャイズとして仕事を始めるためには、事前に説明会などに参加し、本部から充分な説明を受けることが・・・

フランチャイズのWeb情報

職場への終身雇用伝説が崩壊した現代、サラリーマンとして稼いだお金をベースに独立開業を考える方も増えて・・・

ロイヤルティの設定方式

フランチャイズのロイヤリティの相場はどんなものでしょう… フランチャイズ契約を結んだ場合、フランチャ・・・

どんなトラブルがあるの?

フランチャイズビジネスのトラブルってどんなもの? フランチャイズ事業にはこの事業特有のトラブルがあり・・・

開店開業までのプロセス

フランチャイズチェーン店を開店開業するまでのプロセスは、しっかり時間をかけてちゃんと納得しながら進め・・・

加盟金

フランチャイズチェーンに加盟するには、加盟金を支払う必要があります。 この加盟金の定義は、 加盟店(・・・