フランチャイズで独立開業のTOPに戻る
「フランチャイズで独立開業」トップ >  はじめる前に > 契約書を交わす時の注意点

契約書を交わす時の注意点


フランチャイズとして仕事を始めるためには、事前に説明会などに参加し、本部から充分な説明を受けることが大切です。事業の内容を理解し充分に納得が得られたならば、契約書を交わして、加盟店として正式に仕事が始まります。

契約書を交わす前に上

フランチャイズ契約書には特徴があり、契約書の内容が全加盟店で統一されています。と言う事は、もしも、契約書の内容の一部が納得できない場合でも、変更などしてもらえないと言う事です。自分が納得できない部分を妥協するか、その契約自体を諦めるかといった選択しかないのです。もし、妥協して契約してしまった後に、そのことでトラブルが発生したとしたら、自己責任と言う事になります。

また、フランチャイズ契約書を交わすという事は、一事業者として本部と契約を交わすという事です。事業者間で結ばれた契約ですから、消費者としての保護の扱いは一切ありません。一旦契約書を交わしてしまったら、契約解除をしたいからといっても クーリングオフ制度 のようなものはありません。

もしなにか、不安に思う部分があるのであれば、その問題を抱えたまま契約してしまうのではなく、専門家に相談したり、自分で調べるなりして、納得できてから契約を交わすぐらいのゆとりを持って契約作業に望むのがベストではないでしょうか。

契約書を交わす前に下

フランチャイズ契約書を交わす際には、とにかく、契約書の内容を充分に読み、理解して、不明に思う部分があれば、本部にきちんと納得が行くまで説明を受けるということです。

関連コンテンツ

フランチャイズビジネスを始めるには

自分のお店を持ちたい!といった夢を持ち、フランチャイズビジネスを始めようと思っている方もおられること・・・

フランチャイズショーについて

毎年日本経済新聞社が主催となって 出展されるのは、フードサービス業、小売業、サービス業などのフランチ・・・

開業資金について

フランチャイズビジネスを始めるにあたって、どんな業種の、どの本部とフランチャイズ契約を結ぶのかは、最・・・

フランチャイズのWeb情報

職場への終身雇用伝説が崩壊した現代、サラリーマンとして稼いだお金をベースに独立開業を考える方も増えて・・・

ロイヤルティの設定方式

フランチャイズのロイヤリティの相場はどんなものでしょう… フランチャイズ契約を結んだ場合、フランチャ・・・

メリットとデメリット

フランチャイズシステム フランチャイズチェーンを行う事業者(フランチャイザー)と、フランチャイズに加・・・

どんなトラブルがあるの?

フランチャイズビジネスのトラブルってどんなもの? フランチャイズ事業にはこの事業特有のトラブルがあり・・・

開店開業までのプロセス

フランチャイズチェーン店を開店開業するまでのプロセスは、しっかり時間をかけてちゃんと納得しながら進め・・・

加盟金

フランチャイズチェーンに加盟するには、加盟金を支払う必要があります。 この加盟金の定義は、 加盟店(・・・